手巻き式時計のデメリット

こまめに手入れをしないと故障などのトラブルに繋がる

手巻き式時計は、針の動きやレトロな風合いの文字盤など、コレクターにとって魅力のあるアイテムとして根強い人気があります。一方で、手巻き式時計は、使用頻度や環境によりますが、金属パーツの劣化や汚れにより時計が止まってしまったり、ムーブメントに不具合が出たりするリスクがあります。そのため、手巻き式時計を良好な状態で使い続けるうえで、購入時に担当者から説明を受けたり、付属の取扱説明書を読んだりして、正しいメンテナンスの方法を理解する必要があります。なお、アンティークの手巻き式時計については、素人が上手く注油や部品交換ができないケースもあるため、必要に応じて時計店や外部の修理業者に対応を任せることが大事です。

数年おきのオーバーホールの度にコストや時間が掛かってしまう

手巻き式時計は、コレクションとしての価値が高いものとして知られていますが、故障を防ぐためには数年おきのオーバーホールなどのメンテナンスが不可欠です。特に、ムーブメントの内部に多数の部品が使用されている手巻き式時計については、オーバーホールの度にコストや時間が掛かってしまい、初心者にとって対応が難しいという問題もあります。そこで、オーバーホールが必要な手巻き式時計に興味があるときには、アフターサポートが徹底している販売店を購入先に選ぶことが大事です。その他、世界的に有名な時計メーカーの中には、国内外に修理を希望する人のために自社工場を運営しているところもあるため、メーカー選びにこだわるのも良いでしょう。